宝塚医療Blog

宝療食堂★2月度メニューのご案内

  • DATE: 2019/2/18
  • CATEGORY: トピックス
  • TAG: 宝塚医療大学 キャンパスライフ
宝療食堂2月度(2/18~2/27)のメニューをご案内いたします
今月の新メニューは、2/25の『茄子と豚しゃぶの生姜味噌丼』です!
是非ご賞味下さい!
※都合によりメーニューが変更になることがございますのでご了承下さい。

【食堂営業時間】11:30~14:00

 

2/18(月)

2/19(火)

2/20(水)

2/21(木)

2/22(金)

ランチ

A

信州風ソースカツ

~三元豚使用~

ポーク

ピカタ

鮭と白菜の

クリーム煮

ミックス

フライ

揚鶏の

チリソース

ランチ

B

ロコモコ丼

麻婆茄子

豆腐丼

韓流牛

チゲ丼

十和田

バラ焼き丼

スタ丼

 

2/25(月)

2/26(火)

2/27(水)

2/28(木)

3/1(金)

ランチ

A

国産ビーフ

メンチカツ

~黒毛和牛入り~

回鍋肉

鯖の照焼風

休 業

休 業

ランチ

B

茄子と豚しゃぶの

生姜味噌丼

鶏天丼

プルコギ丼

休 業

休 業



福岡ソフトバンクホークス 松田宣浩選手が表敬訪問されました!

  • DATE: 2018/12/10
  • CATEGORY: トピックス
  • TAG: 宝塚医療大学 野球部
12月7日に福岡ソフトバンクホークス 松田宣浩選手が表敬訪問されました
 
本学硬式野球部の小嶋監督の教え子である松田選手の来学で、大学内は一気に大騒ぎに
寒い中、大勢の学生に囲まれ、グラウンドでは記念撮影のラッシュとなりました。



今シーズン、6年連続7回目のゴールデングラブ賞やベストナインの受賞など、大活躍だった松田選手!
来シーズンも活躍されることを、期待しています!!

宝塚医療大学

第27回日本柔道整復接骨医学会学術大会に参加しました

  • DATE: 2018/12/7
  • CATEGORY: トピックス
  • TAG:
平成30年11月17日(土)、18日(日)に第27回日本柔道整復接骨医学会学術大会が、
愛知県名古屋市「ウインクあいち」において盛大に開催され、全国から多くの
柔道整復に関わる教員や研究者、学生が集まりました。

本学からは7名の教員と多くの学生が参加しました。また、現場で活躍している
2期卒業生の2名も参加して日頃の研究成果を発表しました。
 
 
『第27回日本柔道整復接骨医学会学術大会』
大会テーマ:「佛手仏心」―柔道整復師が患者様のためにできること―
会 期:平成30年11月17日(土)~18日(日) 
会 場: 愛知県産業労働センター(ウインクあいち) 

本学からは7名の教員と学生1名が日頃の研究成果を発表しました。
以下は発表演題名と発表者です。 
 
『SSP刺激が筋硬度と羽状角に及ぼす影響』
宝塚医療大学 柔道整復学科 教授 澤田 規
 
『hyper-QUからみた大学1年生の進級に影響する要因』
宝塚医療大学 柔道整復学科 准教授 大橋 淳
 
『股関節マイクロ牽引の歩行動作に及ぼす効果の検証』
―牽引時間の違いによる比較検討―
宝塚医療大学 柔道整復学科 講師 中川 達雄
 
『足底腱膜の厚さに影響を及ぼす因子の影響』
―超音波観察装置を用いた足底腱膜および短趾屈筋の筋硬との関係―
宝塚医療大学 柔道整復学科 講師 立山 直
 
『超音波画像診断装置を用いた大腿四頭筋力および四肢骨格筋量推測法の検討』
宝塚医療大学 柔道整復学科 助手 吉田翔伍
 
『足関節のテーピングは片脚立位に影響を及ぼすか』
―重心動揺を指標として―
宝塚医療大学 柔道整復学科 助手 池田 財

『柔道大会救護活動における意識変化』
宝塚医療大学 柔道整復学科 助手 池田 愛里
 
『若年者における後脛骨筋腱の形態が偏平足に及ぼす影響』
―超音波診断装置を用いた腱の硬度および厚さの検討―
宝塚医療大学 柔道整復学科4年生 河北 一海 



この学会は柔道整復接骨医学に関する知識や技術水準の普及、向上を図り、
国民の医療および健康の増進に大きく貢献しています。
今回は学生会員の発表や参加も多く、活発な討論が見られ、「柔道整復学」の
研究教育の向上を感じることができました。

宝塚医療大学
柔道整復学科助手 池田財
 

平成30年度アスレチックトレーナー教育プログラム受講証明書の授与がされました

  • DATE: 2018/12/4
  • CATEGORY: トピックス
  • TAG:
 12月4日(火)12:30から本部・図書館棟 1F中講義室において本年度アスレチック
トレーナーズ教育プログラムを受講し、修了した受講学生一人ひとりに
丸山教授(アスレチックトレーナーズ委員会委員長・鍼灸学科長)から受講証明書が
手渡されました。



トレーナーを目指す学生のために設けられた本学独自の教育プログラムは、今年で3年目。
本年度は、19名の修了者が証明書を手にしました。修了者は、今後も積極的にフィールド
へ出てトレーナー活動に携わっていきたいと意気込みをみせていました。




宝塚医療大学
学務課

柔道整復学科4年生が日本柔道整復接骨医学会に参加しました

  • DATE: 2018/11/27
  • CATEGORY: トピックス
  • TAG: 宝塚医療大学 柔道整復師 キャンパスライフ
平成30年11月17日(土)、18日(日)に第27回日本柔道整復接骨医学会学術大会が、
愛知県名古屋市の「ウインクあいち」において開催され、本学の4年生の河北一海君が
『若年者における後脛骨筋腱の形態が偏平足に及ぼす影響』
―超音波診断装置を用いた腱の硬度および厚さの検討―についてポスター発表を行いました。

大勢の前で緊張をしていましたが、堂々と自分の行った研究について発表を行っていました。
発表を終えて河北君に感想を聞いてきました。

----------------------
【学会発表を終えて】

学術大会に参加して発表までの準備が大変だと感じました。
卒業論文の製作から始まり、ポスターの製作や発表の練習など学校に遅く残り、
帰宅してからも国家試験の勉強になかなか手がつけられず焦る気持ちもありながらも、
なんとか発表を終えることができました。

しかし、発表を終えた時には発表をしてよかったと心の底から思いました。
また、目標に向かって何かを努力をして目標を達成するという過程がとても大切であると、
とても感じました。何かを達成した時の喜びは自分にとってかけがえのないものになります。

ですから、少しでも発表をしてみたいという方は是非、学術大会という舞台で発表してみてください。
きっと、何かが変わるはずです。
きっかけは何でもいいと思うので、とにかく挑戦してみることが大切だと思います。


また、今回の発表で色々お世話になった先生方、ゼミのメンバー、本当にありがとうございました。
このような機会を設けていただいたうえに、サポートまでしてくださり、感謝しかありません。
やはり、周りの支えがあってこその自分がいるのだと改めて感じさせられました。

来年は社会人として働いていますが、今回の経験を活かし柔道整復師として更にレベルアップ
していきたいと思います。

 
柔道整復学科 4年生 河北 一海

----------------------
 
河北君にとってかけがえのない経験になったそうです。
学会の参加を考えている学生や悩んでいる学生は柔道整復学科の教員までお声掛けください。
また、発表しなくても参加することも可能です。是非、皆さんも参加してみてください。
 
柔道整復学科 助手 池田 財
 

宝塚医療Blog

月別アーカイブ

2019年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
  • オープンキャンパス
  • スポーツを仕事に!2つの国家資格を同時に取得可能!医療系国家資格×体育教員免許
  • キャンパスライフ
  • 入試情報
  • 就職/資格
  • 東洋医学のおはなし
  • 宝塚医療大学公式スマホアプリ
  • 宝塚医療blog
  • 附属治療院
  • 平成医療学園グループサイト
  • 在校生の方へ
ページトップへ