宝塚医療Blog

脊髄傷害理学療法実習の授業見学

  • DATE: 2018/6/22
  • CATEGORY: トピックス
  • TAG: 理学療法士
 ☆本学の酒井孝文准教授による脊髄傷害理学情報実習の授業を見学しました☆

今回は酒井先生の友人である土廣達也様にご協力のもと授業が行われました。

両腕の機能の一部を残して、指、胴体や足が麻痺という大きな障害を有して生活されています。

 


車いすの操作の仕方も様々で、それぞれ力のかかる場所も違います。
さまざまな方法を見せていただきました。

学生達も真剣に実習に取り組みます。

 

靴の履かせ方にも工夫が必要です。

 


趣味である釣りの道具の使い方も教えていただきました。

その他1週間の生活のリズムや収入源等、理学療法士として知っておくべき内容のお話もして頂きました。

 


実習の最後には土廣様から理学療法士を目指す学生にメッセージを頂きました。

『大きな障害を有していても、独りで生活することが出来る可能性があり、その可能性を引き出してくれた理学療法士は素晴らしい仕事です。その理学療法士を目指す学生さんも我々障がい者は尊敬しています。』

『車いすを見ただけで、不具合を見抜き最高の状態に戻してくれる酒井先生のように、患者に寄り添った理学療法士を目指して下さい。』という温かいメッセージでした。


理学療法士の仕事の素晴しさを感じられる実習授業でした。

宝塚医療Blog

月別アーカイブ

  • オープンキャンパス
  • スポーツを仕事に!2つの国家資格を同時に取得可能!医療系国家資格×体育教員免許
  • キャンパスライフ
  • 入試情報
  • 就職/資格
  • 東洋医学のおはなし
  • 宝塚医療大学公式スマホアプリ
  • 宝塚医療blog
  • 附属治療院
  • 平成医療学園グループサイト
  • 在校生の方へ
ページトップへ