宝塚医療Blog

柔道整復師

卒業生の取材に行ってきました!

  • DATE: 2017/3/21
  • CATEGORY: トピックス
  • TAG: 柔道整復師 就職関連

昨年春に卒業した柔道整復学科二期生のうち、3人が就職させていただいた永田整形外科さんは、
甲子園球場にほど近い場所にあり、入院やデイケアも扱われる多くの患者様が訪れる
整形外科です。

今回は、大学案内で柔道整復学科の卒業生紹介の取材をさせていただくために、伺いました。
患者様を誘導する姿を見かけましたが、学生時代の賑やかな印象とは違う、
落ち着いた笑顔であり、さっそく卒業して約1年の成長を垣間見ることができました。
 
 



  
写真撮影の合間にお仕事はどうですかと尋ねると、
 
藤城先生
『大学の同期3人で入職しましたが、仕事で嬉しかったことや、
まだ経験が浅く悩んだことなども、3人で共有することで
お互いに成長できていると思います。また、職場環境も恵まれています。』
 
鍵野先生
『患者様は、最新の医療のことをテレビやインターネットで調べ本当によくご存じです。
ご質問いただいたことを、曖昧に説明することは許されませんから。
日頃の勉強は欠かさないようにしています!』
 
2人にお話を聞いていると、デイケアから戻られた原野先生が合流し、
病院の前でスリーショットのお写真を撮ることができました!
 
 
 
短い時間でしたが、色々とお話を聞き卒業後の頑張りを知ることができて嬉しかったです。
 3人とも医療人として一歩を踏み出したところ、
これから益々素晴らしい柔道整復師として活躍されることと思います。
がんばってください!

最後に、撮影・取材にご協力いただいた、藤城先生・鍵野先生・原野先生
そして永田整形外科のスタッフの皆様ありがとうございました。

本学の学生が日本柔道整復接骨医学会学術大会で発表を行いました。

  • DATE: 2016/12/6
  • CATEGORY: トピックス
  • TAG: 柔道整復師

平成28年11月19日(土)、20日(日)に第25回日本柔道整復接骨医学会学術大会が、
仙台市において盛大に開催され、本学から学生発表では、大橋ゼミの柔道整復学科4回生、
中山君が日頃の研究成果を発表しました。

発表タイトル:『垂直跳びの跳躍力向上に適したトレーニング方法の有効性の検証』



発表を終えた中山君にインタビューしました。
Q:「初めて学会発表した感想はいかがですか?」
A:「 ポスター発表は限られた時間(5分)内で、発表をする必要があり、言葉の表現方法や
口調、声のトーンなどたくさんの課題・改善点を見つけることができました。
また柔道整復師を目指す他校の学生さんの発表を聞いたり、交流することもでき、大変良い経験となりました。
 何も分からない状態からのスタートでしたが、先生方に助けられ、研究方法から論文提出、
ポスター作製、口頭発表の練習まで、ご指導して頂き、完成、そして発表することができました。
これを機に、後輩達が日本柔道整復接骨医学会学術大会で発表をするようになってくれると嬉しいです。」
 
なお、中山君は卒業後、これらの研究を発展させるために、他の大学院のスポーツ科学部に進学することが
決まっています!
将来、柔道整復師、そしてスポーツ科学の研究者として、活躍されることを楽しみにしています。
 
柔道整復学科
中川 達雄

【スポーツトレーナー育成部(STEP)】活動報告

  • DATE: 2016/10/14
  • CATEGORY: トピックス
  • TAG: 理学療法士 柔道整復師 鍼灸師 スポーツトレーナー クラブ・サークル活動

本学公式部活動であるスポーツトレーナー育成部(略称:STEP)の活動報告をさせてもらいます!
 10/12(水)の18時より、アメリカアスレチックトレーナー研修を終えた学生さんから、在学生に対しての
STEP主催報告会を開催いたしました!
アメリカのトレーナー活動に興味を示す学生さんが、通常の大学講義を終えてからという
遅い時間帯からにも関わらず、熱心に耳を傾けていました!
 アメリカで施されているテーピングの巻き方や、アメリカ独特のスポーツ施設など、
トレーナー周囲の環境も知ることができ、学生さんに対して自分が体験したことや得た知識を
アウトプットして、より理解が深まったのではないかと思います。
 
スポーツトレーナー育成部(略称:STEP)は、スポーツ現場で活躍するための知識や
技術を高めあうことを目的とした部活動です!
ぜひ、覗きに来てくださいね!!
 
報告会の写真です!
 

 
 
スポーツトレーナー育成部(Sports Trainer Export Program:STEP)
部長:吉田 翔伍(柔道整復学科 教員)

柔道整復学科2年生【学外臨床実習】

  • DATE: 2016/8/24
  • CATEGORY: 柔道整復学科
  • TAG: 柔道整復師
 現在、柔道整復学科2年生はそれぞれの実習先で、学外臨床実習に臨んでいます。
この様な実習を早期に体験させ、職業意識・職業倫理を高めることはより重要と言われております。
今回は福岡県での実習を紹介させて頂きます。

 
福岡実習では、スポーツ障害や外傷治療で有名な福岡市南区にある、
「堺整形外科医院  福岡スポーツクリニック」にて実施しております。
 
 
実習生は少人数に分かれ、医師の診察、予診やインフォームド・コンセント(説明と同意)、
今回は医師の指示のもと、柔道整復師による手首の骨折(コーレス骨折)の
徒手整復(外れた関節を元の位置に戻す操作)の助手体験や、手術後の
リハビリテーション、画像検査部の見学をさせて頂き、机上では学べない貴重な実習となっております。
 
 
また、昨年度、堺整形外科医院での学外臨床実習がきっかけで、入職した2名の本学卒業生が、
実習生の指導もしてくださり、「私も先輩のように活躍したい」というロールモデルになり、
本学としてはとても嬉しい限りです。
 
 
 
堺整形外科医院の理事長である堺 研二医師は、今年度より、本学柔道整復学科の
客員教授に就任され、本学の教育発展にご尽力頂いております。
 
本実習は福岡のみならず、近畿圏の意識の高い整形外科や接骨院が協力施設となっており、
職業感・職業倫理を高める最良の機会となっております。
実習期間は続きますが、引き受けて下さった実習施設には心より感謝申し上げます。
 
柔道整復学科 中川達雄
 

柔道整復学科 中川貴雄先生をご紹介します!

  • DATE: 2016/8/4
  • CATEGORY: トピックス
  • TAG: 宝塚医療大学 柔道整復師 教員紹介

柔道整復学科の中川貴雄先生は、アメリカでも活躍されていたカイロプラクターであり、
柔道整復師・はり師・きゅう師など様々な資格をお持ちの先生です。
中川先生は、実際に治療の現場で役立つ内容を学生に伝えることができるよう本の執筆などにも
力を注がれています。
中川先生が過去に執筆されたカイロプラクティック・テクニック修得のための【カイロプラクティック
ノート1】は、すでに有資格者である多くの柔道整復師の方にも読まれているそうです。
今回は中川先生より、新装版【中川貴雄のカイロプラクティックノート1】のご紹介をいただきました!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

この本は、私がアメリカのロサンゼルス・カイロプラクティック大学で教鞭を執っていたとき、
気がついたことをまとめたノートです。重要な治療法であるカイロプラクティック・テクニックを
学生がマスターするためにはどのようなことに気をつけて練習しなければならないかということを
順序立てて説明しました。

 
 
柔道整復もカイロプラクティックも、身体を正しく使わなければ、自分の身体を壊す原因
そして効果のない治療の原因になってしまいます。正しく身体を使って治療を行う。
大切なことです。


柔道整復学科
教授
中川 貴雄

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

宝塚医療Blog

月別アーカイブ

  • オープンキャンパス
  • スポーツを仕事に!2つの国家資格を同時に取得可能!医療系国家資格×体育教員免許
  • キャンパスライフ
  • 入試情報
  • 就職/資格
  • 東洋医学のおはなし
  • 宝塚医療大学公式スマホアプリ
  • 宝塚医療blog
  • 附属治療院
  • 平成医療学園グループサイト
  • 在校生の方へ
ページトップへ