在学生メッセージ

スポーツトレーナーとしても活躍したい。

  • 河村 智香 さん

    鍼灸学科4年 広島県立大門高等学校出身

  • はり師・きゅう師という専門職があると知ったのは、進路を考える時でした。部活のソフトテニスで怪我をする人を見てきたことから、将来は治療ができる人になりたいと思い、調べる中で出会ったのが鍼灸師。その資格を取得できる大学が、宝塚医療大学でした。鍼灸学科の学びは、東洋医学と西洋医学の知識、治療技術の習得など難しいこともありますが、実習の授業は楽しいです。国家試験に合格して早く社会に貢献したいとの思いが膨らみます。同時にアスレチックトレーナーの資格認定も取得し、スポーツトレーナーとしても活躍したいです。

pagetop

鍼灸の知識を活かした体育教員になることが目標です。

  • 柴田 楓花 さん

    鍼灸学科3年 岡山県立玉野光南高等学校出身

  • 将来の目標は、学生の指導とケアができる体育教員であり、スポーツトレーナー。その全てを実現できる宝塚医療大学に進学しました。初めてのことばかりの鍼灸の学びと教職課程の両立には、不安がありました。しかし、夢を実現する知識や技術なので興味を持って取り組んでいます。先生方がやさしく熱心に指導くださることも、頑張る原動力になっています。

pagetop

将来に向けて頑張る自分を楽しんでいます。

  • 平松 陸 さん

    理学療法学科4年 大阪府立刀根山高等学校出身

  • 理学療法学科に進学したきっかけは、中学・高校の部活で陸上をしていたことから、効率的なトレーニング方法を調べているうちに身体の仕組みに興味を持ったからです。理学療法士になるという目標を定めて進学したので、勉強の取り組み方が高校までとは変わりました。将来に向けて頑張る自分を楽しんでいます。先生方は卒業時に全員が国家資格を取れるよう、一人ひとりに分かりやすく指導してくださいます。理学療法士の活躍の場は広がっています。病院だけでなく、高齢者施設も視野に入れて知識・技能の修得に励んでいます。

pagetop

充実した学生生活を通じ、将来像を明確に持てました。

  • 高濱 みなみ さん

    理学療法学科3年 私立鳥取城北高校出身

  • 怪我をした時に理学療法士の方にお世話になり、将来患者さんを支える立場になれればと思い、理学療法士とスポーツトレーナーの両方の資格を取得できるという点から、進学を決めました。放課後は、学内でのサークル活動のほか、下宿先が近いこともあり、勉強、アルバイト、買い物など、自分の時間を有意義に活用できることが嬉しいです。理学療法士という将来の目標を叶えるため、まずは資格取得に向けて頑張っていきたいと思います。

pagetop

地元の地域医療に貢献したい。

  • 池田 愛里 さん

    柔道整復学科4年 兵庫県立明石北高等学校出身

  • 小学生の時からお世話になっていた接骨院の明るい雰囲気に惹かれ、柔道整復師に憧れを持っていました。しかし、大学は国公立志望でしたので当初は看護学科を選択。受験が近づくにつれ、本当になりたいのは柔道整復師との思いが募り、宝塚医療大学に決めました。同じ目標を持つ学生が集うクラスメイトは、国家資格合格を目指して励まし合える同志でもあります。規模の大きくない大学だからこそ先生との距離が近く、勉強に打ち込める環境も気に入っています。卒業後は鍼灸の資格も取得し、地元の地域医療に貢献したいと考えています。

pagetop

●質問・お問い合わせはこちら

理学療法士柔道整復師鍼灸師の養成、資格取得を目指す大学
学校法人平成医療学園 宝塚医療大学
メールでお問い合わせ
0120-00-1239
資料請求
オープンキャンパス

キャンパスライフ

  • オープンキャンパス
  • スポーツを仕事に!2つの国家資格を同時に取得可能!医療系国家資格×体育教員免許
  • キャンパスライフ
  • 入試情報
  • 就職/資格
  • 大学案内デジタルパンフレット
  • 宝塚医療大学公式スマホアプリ
  • 宝塚医療blog
  • 附属治療院
  • 平成医療学園グループサイト
  • 在校生の方へ
ページトップへ