平成医療学園の歴

学校法人 平成医療学園 理事長 岸野 雅方

次世代のリーダーとして活躍できる人物を育てます
学校法人平成医療学園は2011年4月、「宝塚医療大学」を設立しました。本学園が目指す人物像は、「次世代の医療人」。今後実社会で必要とされる知識と技術を身につけるのはもちろん、患者さんに信頼され、地域社会で活躍できる優れた人間性を備えた、様々な分野で医療業界のリーダーとなりうる人材の育成を目指しています。人間の体には、いまだ現代医学では解明しきれないことがたくさんあります。本学ではそうした未知の分野を研究しながら専門的な学びを深められる環境。次代のリーダーとして医療業界に貢献できる方が一人でも多く現れることを望みます。

人を支え、自分の未来を支えるそんな医療を学ぶ大学が誕生します。

学校法人平成医療学園は、平成12年4月、全国に約3,000名(平成22年6月現在)の会員を持つ「全国柔整鍼灸協同組合」が母体となり、柔道整復・はり・きゆう・あん摩マッサージ指圧の施術を行っている治療家たちが、自らの後継者を自らの手で育てようという理念に基づき、「平成柔道整復専門学院」を設置しました。

本学園は、「徳義の涵養と人間性尊厳の実践」を教育理念として技術のみならず、医療人・職業人としての人間性豊かな人材の育成に努めています。

平成13年に平成医療学園専門学校に改称、また、平成17年度には、横浜市神奈川区に「横浜医療専門学院」を設立。(横浜医療専門学院は平成19年に専修学校認可を受け「横浜医療専門学校」に改称しています。)
平成18年には、平成医療学園専門学校に東洋療法教員養成学科を設置。
さらに、平成21年には、なにわ歯科衛生専門学校を設立(入学定員72人)し、歯科衛生士の養成を行っています。

柔道整復師科及び鍼灸師科においては、わが国の伝統医学に係る質の高い教育を行ってきた結果、全国平均を大きく上回る国家試験の合格率を達成し、優れた人材を数多く輩出しています。
また、母体である全国柔整鍼灸協同組合の協力を得て、卒業生の開業支援を積極的に行い高い就業率を達成しています。

宝塚医療大学の沿革

2011年 4月 「宝塚医療大学」開学
2011年 6月 学内に附属治療院開設
2016年 8月 理学療法学科及び鍼灸学科の入学定員変更の承認
2017年 9月 ホーチミン医科薬科大学と学術協力協定を締結
2017年 10月 大阪市東淀川区西淡路に附属介護ステーション開設
2018年 1月 阪急川西能勢口駅隣接のアステ川西内に附属保育園開設
2018年 3月 日本高等教育評価機構より認証評価「適合」認定
2018年 9月 中国醫藥大学中医学院(台湾)と学術交流協定を締結

全国に広がるグループ校ネットワーク

学校法人平成医療学園は、全国各地に姉妹校・提携校を持ち、教育環境の充実に取り組んでいます。

●質問・お問い合わせはこちら

理学療法士柔道整復師鍼灸師の養成、資格取得を目指す大学
学校法人平成医療学園 宝塚医療大学
メールでお問い合わせ
0120-00-1239
資料請求
オープンキャンパス

大学案内

  • オープンキャンパス
  • 和歌山保健医療学部
  • スポーツを仕事に!2つの国家資格を同時に取得可能!医療系国家資格×体育教員免許
  • キャンパスライフ
  • 入試情報
  • 就職/資格
  • 大学案内デジタルパンフレット
  • 宝塚医療大学公式スマホアプリ
  • 宝塚医療blog
  • 附属治療院
  • 平成医療学園グループサイト
  • 在校生の方へ
ページトップへ